出会い系で卑猥な会話、卑猥な画像、顔写真の交換は危険な理由

出会い系で卑猥な会話、卑猥な画像のやり取りは危険な理由

出会い系で卑猥な会話、卑猥な画像、顔写真の交換は危険な理由

出会い系に登録して会話を楽しむ内にHな会話を始めてしまった人は多いと思います。アダルトな世界で、H目的の人も多いので、どうしてもそういう方向には行きがちです。しかし当サイトでは「出会い系で卑猥な会話、卑猥な画像のやり取りは危険」と警鐘を鳴らします。


1.卑猥な画像が強請のネタに使われる

楽しい会話で、相手もOKの様な感じだったので卑猥な画像を送ると、相手が不快感を示し結局は慰謝料を払えと言ってきたり、サイトのサクラだった場合、サイト側から「〇〇さんからクレームが入っております。そういう行為は固く禁じており、サイト側にも被害があったので損害賠償を請求いたします」などとし、お金を巻き上げようとしてきます。

卑猥な画像を送った後ろめたさや、画像をばら撒かれたくない気持ちから、そういう脅迫に応じてしまう人も少なくないので注意が必要です。サクラの場合は卑猥な画像を適当に用意している場合もあり、本当の写真を出してしまったのは自分だけとなるので、そこも注意が必要です。


2.18歳未満の場合は法的に処罰される可能性がある

出会い系サイトは18歳未満は利用できない事が前提ですが、年齢認証をごまかしたりして利用する18歳未満も少なからずいます。18歳未満と卑猥な会話を行う場合は、自分や相手が済んでいる場所の条例で「わいせつな行為を教える」事が禁じられている場合は処罰される可能性が出てきます。

青少年保護育成条例違反に問われる可能性があるので注意が必要です。更に18歳未満かもしれない若すぎる子は私は避ける様にしています。


3.顔写真の交換も危険度は高い

仲良くなれば相手の顔を知りたいと思う人も多いでしょう。会う前に顔が分かれば、どういう雰囲気の人、自分のタイプなのかと言う事が分かるので、実際に会うか会わないかの判断材料にもなるのは確かですが、顔写真の交換も危険度は高いので注意が必要です。

実際に交換した人物が、本当の顔写真を送ってくる保障もありませんし、相手がサクラや犯罪を企んでいる可能性だってあります。

顔を見てみたい気持ちは抑えて、出会った時の楽しみとして私は出会い系を使うようにしています。出会い系では個人情報をなるべく出したくないと言う人は多いでしょう。顔は個人情報の最たるものなので出す際には注意が必要です。

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る